読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jeff Beck Japan Tour 2017 に行ってきた

音楽

最高でした。

……というわけで、2017/01/30の東京国際フォーラムに行ってきました。まだまだツアー期間中なので詳しい内容は控えますが、素晴らしいライブでした。

しかし、本当に衰えを感じさせないよなぁ。Twitter にも書いたんですが、ジミーホールみたいなベテランと往年の名曲を演奏するのもいいんですが、若いメンバーを引き連れて新しいサウンドで演奏するのも聴いていて楽しいもんです。ジェフベックはこういう若いメンバーを見つけてくるのがうまいですね。というか、年代問わず一緒にプレイできちゃうのがすごいところなのかもしれない。
今回の新メンバーでは、カーメンの堅実なプレイとロージーの力強いパフォーマンスが印象的でした。
あと、ロンダスミスかっこよすぎです。もう抱いて欲しい。


それにしても、ジェフベックがギターを抱えて立つその姿はいつ見ても本当にかっこいい。どんなミュージシャンや俳優やモデルよりもかっこいい。自分にとってジェフベックは中学生の頃からずっと変わらない最高のヒーローなんです。改めてそう感じた1日でした。

(追伸)
最近のジェフベックはライブでサングラスを掛けてることが多いけど、たまにサングラスを外してこっちを見たときに思わず鼻血出そうになるよね。イケメンすぎる。

年末のあの雰囲気が好き

雑記

世間はすっかり2017年ですが、早くも年末が恋しくなってきました。

12月は師走とも言われて何かと忙しいとは思いますが、年末になると世間を漂うあの「何事も終わる」という雰囲気。感じるのは私だけでしょうか。
12月は忘年会やクリスマスなど、なにかとイベントは多いですが、年末のひと区切りに向けて仕事を終わらせようというひとは多いのではないかと思います。もちろん多くのひとは年が明けても同じ仕事をするんでしょうけど。

そういう世間の雰囲気が、年だけでなく仕事など何事も「終わる」と感じさせるのではないかと思います。いいことも悪いことも、その年に起こったことが「終わる」という感覚。

もちろんいいことが終わるのは物寂しいことですが、自分にとっては悪いことが終わるということに安心感を覚えるのかもしれません。その安心感は自分にとって居心地がよく、年末の雰囲気が好きになる一因なんだろうと思います。

そう考えると、自分は1年を通して悪いことばかりを抱え込んで生きてるのかなぁ、とふと思います。いいこともあるはずなのに。もっと自分に起きた「いいこと」を大事にしていきたいものです。

自動車買い替え計画

メモ

次の車検までに自動車を買い替えます。
親戚宅がスズキの販売店なのでそこで購入する予定。要件は下記の通り。

  • 7-8人乗り
  • スライドドア (両側/オート)
  • ETC
  • ナビ
  • 後席専用モニター
  • セーフティドライブ

スズキだと必然的にランディ狙いになりますが、いいタイミング (2016年12月) で新型のランディが発売されました。

www.suzuki.co.jp

※以降、随時更新予定。


(2017/01/10 更新)

ランディ 2.0G 2WD ダイヤモンドブラックパール を注文しました。

3月末までにナンバー登録をしたいようです。が、注文してから届くまで1~2ヶ月程度かかる可能性があるようなので、このタイミングの注文となりました。
次は必要な書類を準備せねば。

(2017/03/02 更新)

今の車は下取りに出します。上記の書類は一式送付しているため、ひと通りの手続きはあちらでやってくれることに。

(2017/03/12 更新)

いよいよ納車日が近付いてきたので、任意保険の契約車両を変更する手続きをします。保険によって違うかもしれませんが、以下の情報が必要。

  • 納車日 (納車された時点で補償が切り替わる)
  • 型式
  • 車名
  • 初度登録年月
  • 登録番号 (ナンバープレート)
  • 車台番号
  • 積算距離計の数値 (納車日時点の目安でOK)

(2017/03/14 更新)

諸事情あって今回はキャッシュで支払います。というわけで朝イチで銀行に行って札束をもらってきました。
高額の預金を引き出す場合は銀行の窓口に行き、届出印鑑と通帳 (もしくは口座番号が分かるものと身分証明書) を提示する必要があります。

(2017/03/19 更新)

ついに納車されました。広い車はええのー。

スピッツの魅力について書いてみる

音楽

12月21日は草野マサムネさんの誕生日なんですね。というわけでスピッツについて思うことをつらつらと書きます。相変わらず主観的な内容なので悪しからず...。

スピッツは、私が音楽を聴いたり、ギターを触るきっかけになったバンドです。11~12歳くらいの頃です。近所のレンタルショップでスピッツのCDを片っ端からレンタルしました。初めてギターを触った次の日にスピッツのバンドスコアを買いに行ったことをよく覚えています。そのバンドスコアは実家に置いてあります。
あと、初めてライブに行ったのもスピッツのライブです。ちなみにファンクラブにも入ってました。私にとっては何かと思い入れのあるバンドなわけです。

スピッツがメディアに露出することはあまり多くはありません。本人たちがあまり好きではないようです。ただ、たまにテレビなどに出たときには割と草野マサムネ三輪テツヤが前に出てくる印象があります。

で、スピッツの魅力はなんだろうと考えたとき、まず、多くのひとは、草野マサムネの透明感のある歌声や作品の独特な世界観に惹かれるだろうと思います。私も普段は音楽を聴くときに意識的に歌詞を追うことはなく、メロディと一緒になんとなく聴いてることが多いんですが、スピッツの作品はなんとなく歌詞が気になって読んだりすることがあります。ファンタジー小説みたいで面白いですよね。
あと、作品の世界観を一層際立たせる三輪テツヤのギタースタイルもまた興味深いものがあります。あの風貌通りのアグレッシブで尖ったギターを聴かせてくれるかと思えば、それとは対称的な綺麗なアルペジオもあったり、なかなかおもしろいギタリストだと思います。

しかし、これらのスピッツの魅力を支えているのは、田村明浩のベースと崎山龍男のドラムなんじゃないかと個人的には思っています。私にとって日本のバンドの中で最も好きなリズム隊で、他のバンドとは一線を画すものがあります。

田村明浩スピッツのリーダーでもあります。キャッチ―なメロディに対して、メロディアスというかメリハリのあるベースラインが多く、過去のエントリでも書いてますが、ビートルズのポールマッカートニーを彷彿とさせます。(言い過ぎ?)

The Beatles について書いてみる - m-aqua-garden-blog

崎山龍男のドラムは、作品の雰囲気に対して決して違和感がなく、それでいて物足りなさを感じさせない、絶妙なバランスのドラムだと思います。軽快なリズムから入るフィルインや、変則的なリズムだったり、作品によって多彩なリズムを聴かせてくれます。「ほうき星」のドラムとかかなり好きです。

以上、かなり贔屓目な内容ではありましたが、スピッツはとてもいいバンドですよね、ということを言いたかったです。またライブに行きたい。

ふるさと納税をやってみた

メモ

ふるさと納税をやってみました。個人メモ。年収や家族構成、寄付先によって手順は異なる可能性があるため、各自で調べてからやることをおすすめします。

ふるさと納税サイト

今回は Web からふるさと納税をやるため、「ふるさと納税サイト」を利用。アカウント登録する。

www.furusato-tax.jp

税金控訴される上限をチェック

予め、ふるさと納税控訴される金額の目安を計算する。尚、年収の欄の単位は「円」になっているので注意。(「万円」にするべきだと思うが...)

event.rakuten.co.jp

寄付先を選ぶ

寄付先はいろいろな方法で検索できる。大抵のひとは記念品で選ぶ気がする。悩んだらランキングから検索して上位にあるやつを選べばいいと思います。

ふるさと納税申込み

  1. 寄付先の詳細画面から「寄付を申し込む」をクリックする
  2. 意思表示に同意する
  3. 申込者情報を確認する (登録したアカウント情報が表示されるはず)
  4. 寄付情報に寄付額、支払い方法を入力する
  5. 寄付金控訴に係るワンストップ特例申請
    • 確定申告の予定はなしにチェックする
    • 申請書を要望するチェッする
    • 性別、生年月日を入力
  6. 目的の記念品を選択する
  7. 必要に応じて配送先や書類の送付先を指定する
  8. その他
    • 寄付情報は公表しないにチェック
    • 備考欄に希望配達時間を指定する (希望配達日は指定不可)
    • メッセージの公表は希望しない

クレジットカードの場合は引き続き支払いを済ませて終了。後日、書類や記念品が届きます。記念品の発送時期は自治体や品物によって異なります。ワンストップ特例制度については近々に更新します。

(2016/12/17 更新)
ふるさと納税の申し込みでワンストップ特例制度の申請書を要望するにチェックすると、申請書が送られてきます。平成28年1月1日以降はマイナンバーの記入が必要となります。個人番号カードを持っている場合は個人カードのコピー、個人番号カードを持っていない場合は通知カードのコピーと本人確認書類のコピーが必要です。

あとは書類を記入して返送すればOKです。

  • 確定申告の予定なしにチェック
  • その年の寄付先が5自治体以下の見込みにチェック

自治体によって違いますが、返送用封筒に切手が貼っていない場合があります。
(切手分も寄付するから貼っておいて欲しい...)

The Beatles について書いてみる

音楽

12月8日と言えば、ジョンレノンの命日ですね。ビートルズについて書いてみます。主観的な内容なので悪しからず...。


ビートルズのメンバーの中で誰が好き?」

人生で1度はこんな質問をしたり、逆にされた経験をお持ちですよね。(そんなことはない)

昔からジョン一筋とかポール一筋みたいなひともいるかとは思いますが、その時々で好きなメンバーや作品が変わっていくひともいるのではないかと思います。私もそうです。

ビートルズの作品は、最初の頃はまさにロックバンドというかバンドサウンドのものが多いですが、後半はメンバーそれぞれの個性が作品によく表れていて、このあたりは好みが分かれそうです。

私の場合、ビートルズを聴き始めた10代前半の頃はジョンの作品をよく聴いていました。ジョンのアイドル性やカリスマ性みたいな魅力が思春期の頃の感性にぴったりハマったようです。ジョンの作品にはサイケデリックというのか幻想的というのか分かりませんが、そういう曲調やサウンドのものが多いですよね。そして、10代後半になるとジョージの作品をよく聴くようになりました。ジョージの作品には繊細さや神秘的な雰囲気を感じます。ジョンとジョージの作品には彼らの個性がよく表れていると思います。これが表現力というやつなのかな。
20代に入ってからは、しばらくビートルズから離れていた時期がありましたが、ここ数年、またよく聴くようになり、最近はポールの作品をよく聴いています。

昔はポールの作品が好きではなかったというわけではないんですが、他の作品よりは割とフラットな気持ちで聴いていました。が、改めて聴くとやっぱりすごいですね。
(というわけで以降は若干ポール寄りの内容になります)

以前、なにかの番組で坂崎幸之助さんが「ビートルズの作品はポップで聴きやすく覚えやすいが、実はめちゃくちゃマニアックなことをやっている」というようなことを言っていました。コード進行やベースラインなどに特徴的なものが多いようです。

確かに、Something のベースラインとかメロディアスで素晴らしいですよね。ジョージは少し不満げらしいですが...。他の作品でもポールのベースをよく聴いていると、単純にコード進行に沿ってベースを弾くだけでなく、たまに外したりすることでメリハリを付けたり、ポールの豊富な引き出しに驚くことがよくあります。
そう考えると、特徴的なコード進行なんかも実はポールのアイディアだったりするんじゃないかと思うわけです。(本当のところはどうなのか分からないですが)

ビートルズは、個性の塊みたいなメンバーが集まった奇跡のグループだと思いますが、その中でもポールの存在、というか音楽面での貢献はビートルズにとって大きいものがあったのではないかと、最近しみじみ思うんですね。

いずれにしてもビートルズは素晴らしいバンドだし、ビートルズのアルバムが1枚あれば、最近のポップス100曲を聴くよりずっと聴き応えがあるんじゃないかと思っています。

Abbey Road の She Came in Through the Bathroom Window から The End までの流れは最高ですね。

あれ、リンゴの名前が1回も出てこなかった...。シンプルだけど、ところどころで聴かせてくれるリンゴのドラムはとても好きです。

うどんが好きです。でも、讃岐うどんはもっと好きです。

うどん

というわけで、讃岐うどんについて書いてみます。内容は薄いです。

出会い

大学のキャンパスが神田付近にあり、ランチは神保町あたりで食べることが多かったのですが、昼時にいつも長蛇の列を作っているお店がありました。『丸香』です。
うどんのお店でこれほどの行列ができることが不思議に思えましたが、興味本位でとりあえず並んで入ってみました。

「うんまぁぁぁぁあぁぁっぁぁ」

驚愕しました。うどん、というか讃岐うどんがこんなに美味しいものだったとは。
ぶっちゃけ、関東民の私にとって、うどんは「風邪を引いたときに食べるもの」程度の位置付けでした。(言い過ぎ)
が、丸香のうどんを食べて考えが変わりました。「ごちそう」と言っていいです。

以来、大学が近かったこともあり、丸香には頻繁に通いました。1日に2回行くこともありました。(昼と夕方)
好きなメニューは「かけ(冷)」です。かけ(温)に比べて出汁の香りが少し抑えられるので、うどんの風味をより楽しめます。

丸香以外にも、東京/神奈川の讃岐うどんのお店に何店舗か行ってみましたが、個人的には丸香のうどんが好きです。

本場

やっぱり本場の讃岐うどんが食べたいと思い、香川へ旅行に行った際、5店舗ほど回りました。うどんにもタイプがあるようです。表面がつるつるで比較的ストレートなものと、少し捻じれがかかっているもの。前者はぷりぷりとした弾むような噛み応えで、後者はぐにぐにした力強い噛み応え。私はどちらかと言うと前者が好きです。
そんな私が香川のお店を回った中で個人的におすすめだと思うお店を挙げます。(好みなので偏りがあります)
あと、たぶんどのお店も今さら説明する必要はないと思うので簡単な所感だけ書いておきます。

山越うどん

「かまたま」発祥のお店ですが、私は「かけ(冷)」が好きです。もちろんかまたまも美味しいです。上で書いた丸香のオーナーはこの山越うどん出身のようです。丸香よりはイリコの出汁が強めな気がする。

おか泉

ここでは「ひや天てんおろし」を食べましたが、まず見た目が美しいです。うどんの透明感というか盛り付けが素晴らしい。このまま玄関とかに飾りたい。

宮武うどん

ここでも「ひやひや」を食べましたが、妻が注文した「しょうゆうどん」が素晴らしかったです。生醤油をかけて食べるんですが、うどんの刺身と言っていい。

まとめ

うどんは素晴らしい。あと、大学の頃、よく見てたサイト。讃岐うどんだけでなく、水沢うどんとか、まだまだ美味しいそうなお店はいっぱいあります。行ってみよう。

www.udon-repo.net