Blogger の記事を Markdown で書く

Blogger の記事を Markdown で書きたい。
というわけで、StackEdit と Google Drive の組み合わせで試してみたときのメモ。
(2014年時点のメモがベースなので若干古い内容が含まれているかもしれません)

Blogger

BloggerGoogle が提供するブログサービスです。

www.blogger.com

StackEdit

StackEdit は Web ベースの Markdown エディタです。

stackedit.io

StackEdit 自体はオープンソースとして公開されています。

github.com

また、Chrome ウェブストアで Chrome 向けアプリが公開されています。

chrome.google.com

Blogger 以外に Tumblr, WordPress, GitHub, Gist などのサービスにも Publish できるようです。

Google Drive

Google DriveGoogle が提供するストレージサービスです。
今回は StackEdit で作成したドキュメントを Google Drive に共有します。Blogger の記事を保存するフォルダを作成しておくと便利。

Google Drive 以外に DropBox も使えそうです。あと知らなかったけど CouchDB とか使えるようになってるんですね...。

StackEdit と Google Drive の連携

StackEdit で作成したドキュメントを Google Drive に共有する方法は以下の通り。

  1. StackEdit で左上に表示されている#マークをクリックしてメニューを開く
  2. Synchronize > Save on Google Drive
  3. ダイアログの Options を開く
  4. Folder ID の Open folder リンクから保存するフォルダを選択する
  5. OK

Google Drive 上のドキュメントを開くには、Synchronize メニューの Open from Google Drive からドキュメントを選択する。

YAML Front-matter

Blogger に Publish する際の設定を指定するには、ドキュメントの先頭に以下のメタ情報を記載する。

---
title: 記事のタイトル
tags: foo bar // ラベル (複数指定する場合はスペース区切り)
published: true // true (公開) / false (下書き)
---

これは、YAML Front-matter というものらしいです。

jekyllrb.com

パーマリンクを指定できるといいんですが、GitHubソースコードを見る限りではサポートしていない模様。とりあえず、下書きで Publish して Blogger の編集画面からパーマリンクを変更する運用でカバー。

Blogger に投稿

  1. StackEdit で左上に表示されている#マークをクリックしてメニューを開く
  2. Publish > Blogger
  3. Blog URL に Blogger の URL を入力する
  4. Format は HTML をチェックする
  5. OK

Publish 済みの記事を更新する場合は Update existing post ID に PostID を指定します。PostID を指定しないと新しい記事として Publish されます。

PostID は Blogger の編集画面でアドレスバーに表示されている postID パラメータからコピペします。(というかこれ以外に方法を知らない...)
ただ、毎回アドレスバーからコピペするのは面倒なので、Blogger の投稿画面で postID を簡単にコピーできるような Chrome 拡張とか作ろうかな、と。