The Beatles について書いてみる

12月8日と言えば、ジョンレノンの命日ですね。ビートルズについて書いてみます。主観的な内容なので悪しからず...。


ビートルズのメンバーの中で誰が好き?」

人生で1度はこんな質問をしたり、逆にされた経験をお持ちですよね。(そんなことはない)

昔からジョン一筋とかポール一筋みたいなひともいるかとは思いますが、その時々で好きなメンバーや作品が変わっていくひともいるのではないかと思います。私もそうです。

ビートルズの作品は、最初の頃はまさにロックバンドというかバンドサウンドのものが多いですが、後半はメンバーそれぞれの個性が作品によく表れていて、このあたりは好みが分かれそうです。

私の場合、ビートルズを聴き始めた10代前半の頃はジョンの作品をよく聴いていました。ジョンのアイドル性やカリスマ性みたいな魅力が思春期の頃の感性にぴったりハマったようです。ジョンの作品にはサイケデリックというのか幻想的というのか分かりませんが、そういう曲調やサウンドのものが多いですよね。そして、10代後半になるとジョージの作品をよく聴くようになりました。ジョージの作品には繊細さや神秘的な雰囲気を感じます。ジョンとジョージの作品には彼らの個性がよく表れていると思います。これが表現力というやつなのかな。
20代に入ってからは、しばらくビートルズから離れていた時期がありましたが、ここ数年、またよく聴くようになり、最近はポールの作品をよく聴いています。

昔はポールの作品が好きではなかったというわけではないんですが、他の作品よりは割とフラットな気持ちで聴いていました。が、改めて聴くとやっぱりすごいですね。
(というわけで以降は若干ポール寄りの内容になります)

以前、なにかの番組で坂崎幸之助さんが「ビートルズの作品はポップで聴きやすく覚えやすいが、実はめちゃくちゃマニアックなことをやっている」というようなことを言っていました。コード進行やベースラインなどに特徴的なものが多いようです。

確かに、Something のベースラインとかメロディアスで素晴らしいですよね。ジョージは少し不満げらしいですが...。他の作品でもポールのベースをよく聴いていると、単純にコード進行に沿ってベースを弾くだけでなく、たまに外したりすることでメリハリを付けたり、ポールの豊富な引き出しに驚くことがよくあります。
そう考えると、特徴的なコード進行なんかも実はポールのアイディアだったりするんじゃないかと思うわけです。(本当のところはどうなのか分からないですが)

ビートルズは、個性の塊みたいなメンバーが集まった奇跡のグループだと思いますが、その中でもポールの存在、というか音楽面での貢献はビートルズにとって大きいものがあったのではないかと、最近しみじみ思うんですね。

いずれにしてもビートルズは素晴らしいバンドだし、ビートルズのアルバムが1枚あれば、最近のポップス100曲を聴くよりずっと聴き応えがあるんじゃないかと思っています。

Abbey Road の She Came in Through the Bathroom Window から The End までの流れは最高ですね。

あれ、リンゴの名前が1回も出てこなかった...。シンプルだけど、ところどころで聴かせてくれるリンゴのドラムはとても好きです。