読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツの魅力について書いてみる

音楽

12月21日は草野マサムネさんの誕生日なんですね。というわけでスピッツについて思うことをつらつらと書きます。相変わらず主観的な内容なので悪しからず...。

スピッツは、私が音楽を聴いたり、ギターを触るきっかけになったバンドです。11~12歳くらいの頃です。近所のレンタルショップでスピッツのCDを片っ端からレンタルしました。初めてギターを触った次の日にスピッツのバンドスコアを買いに行ったことをよく覚えています。そのバンドスコアは実家に置いてあります。
あと、初めてライブに行ったのもスピッツのライブです。ちなみにファンクラブにも入ってました。私にとっては何かと思い入れのあるバンドなわけです。

スピッツがメディアに露出することはあまり多くはありません。本人たちがあまり好きではないようです。ただ、たまにテレビなどに出たときには割と草野マサムネ三輪テツヤが前に出てくる印象があります。

で、スピッツの魅力はなんだろうと考えたとき、まず、多くのひとは、草野マサムネの透明感のある歌声や作品の独特な世界観に惹かれるだろうと思います。私も普段は音楽を聴くときに意識的に歌詞を追うことはなく、メロディと一緒になんとなく聴いてることが多いんですが、スピッツの作品はなんとなく歌詞が気になって読んだりすることがあります。ファンタジー小説みたいで面白いですよね。
あと、作品の世界観を一層際立たせる三輪テツヤのギタースタイルもまた興味深いものがあります。あの風貌通りのアグレッシブで尖ったギターを聴かせてくれるかと思えば、それとは対称的な綺麗なアルペジオもあったり、なかなかおもしろいギタリストだと思います。

しかし、これらのスピッツの魅力を支えているのは、田村明浩のベースと崎山龍男のドラムなんじゃないかと個人的には思っています。私にとって日本のバンドの中で最も好きなリズム隊で、他のバンドとは一線を画すものがあります。

田村明浩スピッツのリーダーでもあります。キャッチ―なメロディに対して、メロディアスというかメリハリのあるベースラインが多く、過去のエントリでも書いてますが、ビートルズのポールマッカートニーを彷彿とさせます。(言い過ぎ?)

The Beatles について書いてみる - m-aqua-garden-blog

崎山龍男のドラムは、作品の雰囲気に対して決して違和感がなく、それでいて物足りなさを感じさせない、絶妙なバランスのドラムだと思います。軽快なリズムから入るフィルインや、変則的なリズムだったり、作品によって多彩なリズムを聴かせてくれます。「ほうき星」のドラムとかかなり好きです。

以上、かなり贔屓目な内容ではありましたが、スピッツはとてもいいバンドですよね、ということを言いたかったです。またライブに行きたい。