読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セパレートグリップドリルを試す

セパレートグリップドリルというものを試してみます。

セパレートグリップドリルは、所謂スプリットハンドでスイングの練習をするものです。基本的には、左腕のターン、特にリリースの感覚を掴むための練習だと思います。ただし、左腕だけでスイングするより両腕の動きのバランスを取りやすいです。

以下、個人的なメモ。

グリップは左右の手を拳半個分ほど離す。
バックスイングでは、左腕を飛球線方向に伸ばし、右肘が外側に開かないように注意。振り幅はハーフスイング程度でよい。
ダウンスイングでは、右肘を中心に両腕を下ろし、右肘が伸びるタイミングでリリースするようなイメージ。
フォローでは、バックスイングとは逆に、右腕を飛球線方向に伸ばし、左肘が外側に開かないように注意。

個人的には右腕の動き方がポイントだと思うが、あくまでもそれをコントロールするのは左腕であること。特に左手の角度とターンを意識しながらスイングする。
何回か素振りして球を打つのもアリだが、通常のグリップとスプリットハンドをバランスよく練習するとよいと思う。

セパレートグリップドリルのあとに通常のグリップでスイングすると違和感があるが、その違和感を意識してスイングすると効果的に練習できると思われる。