『北風ではなく太陽になれ』

newspicks.com

「勉強しなさい」と決まり文句のように言うのではなく、子供が自発的かつ意欲的に勉強に取り組むように「学ぶこと」の楽しさに気付かさせてあげることが大事なんだと思います。

親が子供に「○○しなさい」と言うとき、そもそも、親自身がそれを実践できていないとイマイチ説得力に欠けてしまいます。

子供は親をよく見ています。知らないうちに親の習慣を身に付けていたりするものです。

子供が自発的におもちゃを片付けるようにするにはどうすればよいか。それには、少なくとも親自身が片付けを習慣化し、普段からその姿を子供に見せておくとよいかと思います。同じように、親が日常的に勉強していると、普段からその姿を見ている子供は自然と勉強するようになるだろうと考えています。読書が好きなひとは、両親や身近に読書が好きなひとがいて、幼少の頃からその影響を受けていることが多いような気がします。

しかし、学ぶことの楽しさを教えるのはなかなか難しいところです。冒頭で紹介した記事にあるように、漫画や映画などのツールを使ったり、インターネットやスマホ/タブレットを活用するのは確かにありだと思います。

また、勉強することも大事ですが、まずは「自分の頭で考えること」を習慣付けることが大事です。日常のちょっとした会話の中でもしっかりと頭を使ってコミュニケーションできるようにしたいものです。

例えば、子供が描いた絵を見せに来た時、「何を描いたのか」「何をしているところなのか」「なんでこれを描いたのか」など、いろいろ問いかけるようにします。他に、外出時には「あれはなんだろう?」と問いかけていろいろなものに興味を持たせるようにします。

こういうことを親が子供に対して日常的に実践していれば、子供は多くのことに興味を持ち、自身の頭で考えるようになるのではないかと考えています。

育てたように子は育つ―相田みつをいのちのことば (小学館文庫)