実家の愛犬が亡くなった

1ヶ月ほど前になるが、実家で飼っていた愛犬が亡くなった。朝、両親が出かけるときは特に変わった様子はなかったが、夕方、帰ってきたときには亡くなっていたそう。

18才と半年ほど生きた。人間の年齢にすると90歳とか100歳とか言われる。いずれにしても大往生である。

自分はすでに実家を離れており、たまに帰るときに会う程度だった。一般的に犬は10才頃を過ぎれば老犬と言われる。あるとき、「この子もそろそろ先は長くないかもしれないし、今日で会うのが最後になってもおかしくない」と考えることがあった。そう思って写真を何枚か撮った。今、そのときの写真を見返したら撮影したのが2013年だった。あのときから6年も生きてくれた。

事故で亡くなったとか、病気になって病院で息を引き取ったとかだと、少なからず後悔が残りそうな気はするが、これだけ長生きして最期の最期まで家で過ごせたことは、飼い犬にとっては幸せなことだっただろうと勝手に思っている。

だからか、今でもふと寂しくなることはあるものの、不思議と悔いはない。むしろ、長生きしてくれてよかったと、どこか前向きな気持ちがあったりする。

四十九日を過ぎたらペット専用の墓地に入るそうなので墓参りに行こう。

エル、ありがとうなぁ。おかげでいろいろと楽しかったよ。ありがとう。