The Beatles

12月8日と言えば、ジョンレノンの命日ですね。ビートルズについて書いてみます。主観的な内容なので悪しからず...。


ビートルズのメンバーの中で誰が好き?」

人生で1度はこんな質問をしたり、逆にされた経験をお持ちですよね。(そんなことはない)

昔からジョン一筋とかポール一筋みたいなひともいるかとは思いますが、その時々で好きなメンバーや作品が変わっていくひともいるのではないかと思います。私もそうです。

ビートルズの作品は、最初の頃はまさにロックバンドというかバンドサウンドのものが多いですが、後半はメンバーそれぞれの個性が作品によく表れていて、このあたりは好みが分かれそうです。

私の場合、ビートルズを聴き始めた10代前半の頃はジョンの作品をよく聴いていました。ジョンのアイドル性やカリスマ性みたいな魅力が思春期の頃の感性にぴったりハマったようです。ジョンの作品にはサイケデリックというのか幻想的というのか分かりませんが、そういう曲調やサウンドのものが多いですよね。そして、10代後半になるとジョージの作品をよく聴くようになりました。ジョージの作品には繊細さや神秘的な雰囲気を感じます。ジョンとジョージの作品には彼らの個性がよく表れていると思います。これが表現力というやつなのかな。
20代に入ってからは、しばらくビートルズから離れていた時期がありましたが、ここ数年、またよく聴くようになり、最近はポールの作品をよく聴いています。

昔はポールの作品が好きではなかったというわけではないんですが、他の作品よりは割とフラットな気持ちで聴いていました。が、改めて聴くとやっぱりすごいですね。

(というわけで以降は若干ポール寄りの内容になります)

以前、なにかの番組で坂崎幸之助さんが「ビートルズの作品はポップで聴きやすく覚えやすいが、実はめちゃくちゃマニアックなことをやっている」というようなことを言っていました。コード進行やベースラインなどに特徴的なものが多いようです。

確かに、Something のベースラインとかメロディアスで素晴らしいですよね。ジョージは少し不満げらしいですが...。他の作品でもポールのベースをよく聴いていると、単純にコード進行に沿ってベースを弾くだけでなく、たまに外したりすることでメリハリを付けたり、ポールの豊富な引き出しに驚くことがよくあります。
そう考えると、特徴的なコード進行なんかも実はポールのアイディアだったりするんじゃないかと思うわけです。(本当のところはどうなのか分からないですが)

ビートルズは、個性の塊みたいなメンバーが集まった奇跡のグループだと思いますが、その中でもポールの存在、というか音楽面での貢献はビートルズにとって大きいものがあったのではないかと思うんです。

いずれにしてもビートルズは素晴らしいバンドだし、ビートルズのアルバムが1枚あれば、最近のポップス100曲を聴くよりずっと聴き応えがあるんじゃないかと思っています。

Abbey Road の She Came in Through the Bathroom Window から The End までの流れは最高ですね。

あれ、リンゴの名前が1回も出てこなかった...。シンプルだけど、ところどころで聴かせてくれるリンゴのドラムはとても好きです。

うどんが好きです。でも、讃岐うどんはもっと好きです。

というわけで、讃岐うどんについて書いてみます。内容は薄いです。

出会い

大学のキャンパスが神田付近にあり、ランチは神保町あたりで食べることが多かったのですが、昼時にいつも長蛇の列を作っているお店がありました。『丸香』です。
うどんのお店でこれほどの行列ができることが不思議に思えましたが、興味本位でとりあえず並んで入ってみました。

「うんまぁぁぁぁあぁぁっぁぁ」

驚愕しました。うどん、というか讃岐うどんがこんなに美味しいものだったとは。
ぶっちゃけ、関東民の私にとって、うどんは「風邪を引いたときに食べるもの」程度の位置付けでした。(言い過ぎ)
が、丸香のうどんを食べて考えが変わりました。「ごちそう」と言っていいです。

以来、大学が近かったこともあり、丸香には頻繁に通いました。1日に2回行くこともありました。(昼と夕方)
好きなメニューは「かけ(冷)」です。かけ(温)に比べて出汁の香りが少し抑えられるので、うどんの風味をより楽しめます。

丸香以外にも、東京/神奈川の讃岐うどんのお店に何店舗か行ってみましたが、個人的には丸香のうどんが好きです。

本場

やっぱり本場の讃岐うどんが食べたいと思い、香川へ旅行に行った際、5店舗ほど回りました。うどんにもタイプがあるようです。表面がつるつるで比較的ストレートなものと、少し捻じれがかかっているもの。前者はぷりぷりとした弾むような噛み応えで、後者はぐにぐにした力強い噛み応え。私はどちらかと言うと前者が好きです。
そんな私が香川のお店を回った中で個人的におすすめだと思うお店を挙げます。(好みなので偏りがあります)
あと、たぶんどのお店も今さら説明する必要はないと思うので簡単な所感だけ書いておきます。

山越うどん

「かまたま」発祥のお店ですが、私は「かけ(冷)」が好きです。もちろんかまたまも美味しいです。上で書いた丸香のオーナーはこの山越うどん出身のようです。丸香よりはイリコの出汁が強めな気がする。

おか泉

ここでは「ひや天てんおろし」を食べましたが、まず見た目が美しいです。うどんの透明感というか盛り付けが素晴らしい。このまま玄関とかに飾りたい。

宮武うどん

ここでも「ひやひや」を食べましたが、妻が注文した「しょうゆうどん」が素晴らしかったです。生醤油をかけて食べるんですが、うどんの刺身と言っていい。

まとめ

うどんは素晴らしい。あと、大学の頃、よく見てたサイト。讃岐うどんだけでなく、水沢うどんとか、まだまだ美味しいそうなお店はいっぱいあります。行ってみよう。

www.udon-repo.net

Cream (Eric Clapton) の Crossroads を聴いて

www.youtube.com

説明するまでもなく歴史に残る名演奏です。

数年前、Char のライブに行ったんですが、Crossroads をやってくれました。ちょっと期待していたので本当に聴けてかなり興奮しました。
圧倒的なギタープレイとバンドのサウンドが全身にぶつかってくるような、一体感のある素晴らしい演奏でした。ライブで聴けて本当によかった。

最近はクラプトンもおじいちゃんになっちゃって、かつてのようなアグレッシブさは見られなくなりましたが、若い頃はこんな感じで圧倒的なギタープレイを聴かせてくれたんだろうなぁと、なんとなく過去を疑似体験したような気分でした。

で、Crossroads をやり終えた Char は「家に帰ってクラプトンの CD 聴いてみ。俺の方が上手いから。」というひと言。Char だからこそ言える言葉だと思います。さすが。

で、クラプトンの話に戻りますが、基本的にギターソロは即興でやっているようです。即興というか手癖のフレーズを組み合わせてる感じですかね。Jeff Beck も手癖のひとなんでしょうけど、彼の場合は気分次第でなんでもやりそう。あと、あまり詳しくはないですが、Jazz なんかも即興演奏が中心なんですかね。

即興演奏は、演奏者の個性やその日の気分、その瞬間の閃きが演奏に表れるし、毎回違う演奏がされるという、ある意味の不安定さは聴くひとに緊張感をもたらすのではないかと思います。こういう「人間らしさ」や「緊張感」は即興演奏の醍醐味だなと、個人的に思います。

で、Char が演奏していた Crossroads のギターソロも、当時のクラプトンは即興でやっていたわけで。そう考えると、今ではブルースおじさんのクラプトンとは言え、やっぱりクラプトンすげぇな、となるわけです。

余談ですが、確かに最近のクラプトンにはかつてのようなアグレッシブさは見られませんが、バラードなんかを聴くと波乱万丈な人生を歩んできたクラプトンの深みというか重みを感じます。あの歌声はクラプトンにしか出せないよなぁ。Unplugged とか最高。あと 461 Ocean Boulevard も大好き。

ゴルフスイング備忘録

ゴルフスイングの備忘録。主に自分向け。※随時更新

アプローチ

目標方向と肩のラインは並行。左足を少し引いて開く。体重の配分は 6 : 4 ~ 7 : 3 で、両膝を目標方向に少し傾ける。
ボールを転がすか上げるかでPW~SWを使い分ける。
ライがよくて転がせるようなら50°やPWでランニングで寄せる。

ランニング

ボールを低く転がすアプローチ。距離感が合わせやすい。

ボールは右足寄りにセット。フェースは目標方向に向ける。ハンドファーストで、右手とクラブが「くの字」になるように構える。肩のラインと地面は平行か、右肩をやや下げるイメージ。
右手首の角度をキープしたまま肩を回してスイングを開始する。パターと同じ感覚。コックはしない。
フォローでは手首を返さず、フェースを目標方向に真っ直ぐ出す。

ピッチ & ラン

ボールを柔らかく上げて、距離の半分は転がすアプローチ。

ボールは体の中心~やや左足寄りにセット。スイングはランニングアプローチと同様。

バンカーショット

フェースは目標方向に対して1~2時方向に開く。開き具合はボールをどれくらい上げるかによる。
体は目標方向に対して10~11時方向に開く。開き具合はフェースの開く角度と同程度。クラブは体に対して真っ直ぐ構える。(ハンドファーストにすると砂に深く入り込み過ぎるかも)

ボールからスタンスのラインに向かって垂直に線を引き、交差する位置をアドレスの中心とする。体重の配分は 5 : 5 で、大きめにスイングできるようにボールから少し距離を取る。腰を落として、体重を足の裏全体に乗せるイメージ。

体を回しつつ、早めにコックを入れる。体のラインに沿ってスイングする。
インパクトでは手の甲が目標方向に戻るようにする。右足の位置をキープしてフォローで右足が返らないようにする。フォローまでスイングの勢いを緩めないこと。

砂が硬い場合、やや鋭角の軌道で薄め(ボール0.5個分手前)にヘッドを入れる。または、コックをあまり入れずに体の回転で打つ場合には丸い軌道で薄めにヘッドを入れる。特に硬い場合には通常のアプローチのように打つ。
砂が柔らかい場合、丸い軌道でやや厚め(ボール1個分手前)にヘッドを入れる。

ロブショット

スイングはバンカーショットと同様。

地面が硬い場合やボールが芝に沈んでいる場合、ヘッドが弾んだりボールの下に入らないことがあるため、リーディングエッジにボールが当たる可能性が高い。

ドリル

片手アプローチ。腰の高さ程度の振り幅。腕だけでスイングしない。腰や肩でスイングするように意識する。腰の高さまで上げたときに体の真横にクラブがきて飛球線と平行になるようにする。

ショット

スタンスは肩幅より左右に1足ずつ広める程度。ハンドファーストで少し腰を落としてハンドダウンに構える。グリップはショート~ミドルアイアンはストロング、ロングアイアンはストロング~ややスクエアにする。

ボールは7Iで中心~やや左足寄りにセットする。 ⇒ ほぼ中心でよさそう

腰の回転でスイングを始める。左手主導。頭の位置と右足は固定する。オーバースイングにならないように注意。

トップでは、左足に体重を乗せてから切り返す。以降、左膝が外側に逃げないように注意。左足のつま先に体重を乗せるイメージ。
フォローでクラブが地面と平行になるときにクラブが目標方向と並行になるように左手首をコントロールする。右手首は返さず目標方向に押し出すイメージ。
フォローで左手首が甲側に折れないように注意。

ウェッジの飛距離の目安。

  • 50° + フルスイング : 100y
  • 56° + 3/4スイング : 70y
  • 56° + ハーフスイング : 50y

フェアウェイウッド

グリップはストロング~ややスクエアにする。気持ちハンドファーストに構える。ボールは中心から1~1.5個分だけ左足寄りにセットする。

オーバースイングにならないように注意。少し打ち込む感じでボールを横から叩くイメージ。
フォローで左肘が外に逃げないように注意。

ドライバー

グリップはストロング~ややスクエアにする。ティーは高くし過ぎないように注意。

腰の回転からスイングを開始、右足付け根を軸に腰を回す。左肩が顎に付く程度に肩を回す。ダウンスイングでは頭を右サイドに残す。
グリップが腰を過ぎたあたりからフェースのローテーションを戻し始める。ボールを横から叩くイメージ。インパクトで左手の甲が目標方向を向くようにする。
インパクト後、右手の甲が上に向くようにする。右手の平でボールを潰すようなイメージ。
フォローで左肘が外に逃げないように注意。

ダウンスイングでアウトインする傾向があるので、少し横振りを意識してインサイドから入るようにする。

左膝が外側に逃げないように注意。左足のつま先に体重を乗せるイメージ。(フィニッシュで左足が捲れないようにする)

パター

ボールとパターのフェースの境界が体の中心になるようにセットする。

手首を固定して肩でスイングする。脇は閉じる。フォローで頭が上がらないように注意。
振幅ではなく、インパクトの力加減で距離感を掴むようにしたい。

リズム/バックスイングの振り幅を固定して、フォロースイングの振り幅でインパクトの強弱を付けるとよさそう。

グリーンの硬さ、芝の向き/流れを要チェック。

子供の成長を感じるとき

今朝、4歳の娘を保育園に送った時の話です。


保育園までは大人の足で10分ほどかかります。子供と一緒だとさらに時間がかかります。子供がまだ小さかった頃は30分以上かかったこともありました。

で、ここ最近は保育園の送迎は妻(次女の育休中)に任せっきりの状態でしたが、今朝は自分が送っていくことになりました。

すると......

なんということでしょう。

子供が自分でスタスタと歩いていきます。保育園には15分ほどで到着しました。

いやまぁ、休みの日には保育園近くの公園まで歩いて遊びに行ったりするので、距離的には問題なく歩けることは知っていたんです。
ただ、ふと以前の登園風景を思い返して、改めて子供の成長を強く感じた訳です。

娘は保育園までの道中にいろいろな話をしてくれました。それをぼんやりと聞きつつ、子供の成長に思わず涙が出そうになりました。

今、子供の成長を目の当たりにできることが、とてもとても幸せなことだなと思います。

アクアリウム備忘録

アクアリウムの備忘録。主に自分向け。

『強い水』

強い水にはコケが付きにくい。
強い水を作るには1ヶ月以上の期間が必要。バクテリアの増殖と定着が必要。

水換え

濾過器やソイルにはバクテリアが付いているため、必ず飼育水を使う。

バクテリアは硝酸を分解することはできないので定期的に水を換える。濾過装置内の濾材は2~3ヶ月ごとに洗う。(飼育水を使う)

ソイル

ソイルは時間が経つと水の重さで締まり、少し嵩が減る。

バクテリア

バクテリアを増やすには酸素が必要。酸素濃度を上げるにはエアレーションをする。
初期段階では CO2 の添加は不要かも。

水草

照明を点けるのは1日4~6時間程度。CO2 を適度に添加して光合成を促す。
夜間は水草が酸素を使って呼吸するので、CO2 の添加は止める。水草は夜間に成長する。光合成で生成したエネルギーと酸素を利用する。

水草光合成することで水槽内の余分な養分を吸収する。

窒素やリンはバクテリアによって生成される。藻類は窒素やリンだけでも育つ。
緑系の藻類は窒素を栄養源にする。黒系の藻類はリンを栄養源にする。

窒素やリンが多いと水草が溶けることがある。余剰な窒素やリンは水換えで排出する。

水草が枯れる場合、窒素やリン以外の養分が不足している可能性がある。(カリウムなど)

有機肥料 or 無機肥料を添加する。
有機肥料である「テトラ イニシャルスティック」は、安全で遅効性なのが特徴。微生物が分解してから水草が吸収する。
無機肥料である「テトラ クリプト」は、即効性があり、他の無機肥料と比較して窒素やリンを含まないのが特徴。化学肥料と思われるが比較的安全で、pHや硬度にも影響を与えない。

流木

流木はアク抜きしてから使う。お湯に浸して放置すればアクが抜ける。
モス系は流木に活着する。

トリミング

水草をトリミングするときは切れ味のよいハサミを使う。

Titleist CB

m-aqua-garden.hatenablog.com

↑のブログの日付を見ると、ゴルフクラブ買い替え計画を始めて1ヶ月が経過していました。

で、昨日ついに『Titleist CB』を購入しました。

番手は4番を単品で追加して、4 ~ PW まで。シャフトは DG AMT (S200) です。あと、今まで使っていたウェッジ2本を DG (S200) にリシャフトしています。

結局、難しいクラブを選びましたが、頑張って練習しようということで。いろいろ試行錯誤して練習するの好きだし。


早速、本日早朝、打ちっ放しに行きました。

やはり飛距離は 10Y くらい落ちているように感じます。これは XXIO よりロフトが寝てることが影響しているからなんだと思われます。(そもそもちゃんと当たっていないというのもある...)

というか、そもそも飛ばすためのクラブではないし、打球を安定させることが重要です。

DG AMT は番手が上がるにつれ、普通の DG よりもクラブが軽めになるのが特徴です。だからなのか、4 ~ 6番が思っているよりかなり振りやすいです。素晴らしい。

しばらく打ってみると、そこそこいい当たりが出るようになりました。ただ、左手を意識して返そうとするとフックします。真っ直ぐ打ち込みにいくとよさそう。

というわけで、あとは練習あるのみ。